資格認定制度について

はじめに

ジョギングやランニングは減量やメタボ対策に有効な有酸素運動ですが、苦しくてきつい運動だと思われがちです。ところが、スロージョギングなら高齢者や運動の経験がない人でも走れます。日本スロージョギング協会認定の資格を持つことで、安全で効果的なスロージョギング®を自信を持って正しく普及啓発や指導をすることができます。

資格認定制度

アドバンス資格認定

☆指導者を目指す方の資格です。

☆スロージョギングとはなにか、なぜスロージョギングは効果があるのかを詳しく学びます。

☆スロージョギング教室やイベント等を主催し参加者への指導ができます。

☆自治体や企業が主催するスロージョギング教室等の指導者として活躍できます。

 

ベーシック資格認定

☆スロージョギングの基本の動き、理論と実践効果についてく学びます。

☆スロージョギング教室やイベントで指導者のサポートができます。

☆ポイントを取得しアドバンス資格認定講習会を受講できます。

資格認定講習会の日程         ➡ こちらをご覧ください

ポイント取得講習会・イベントの日程  ➡ こちらをご覧ください

ベーシック資格からアドバンス資格への流れ

      ➡ 講習会ポイント・イベントポイント申請はこちら

アドバンス資格の活かし方

医師 高血圧、糖尿病の予防改善の為の運動指導に役立ちます。
健康運動指導士 高齢者の介護予防の運動指導等に役立ちます。
フィットネスインストラクター スロージョギングの正しい知識を参加者へ提供できます。
スポーツ用品店販売員 スロージョギングの正しい知識を持つことにより、自信を持って接客ができます。
学校関係者 授業内やマラソン大会、運動会などで安全なアドバイスができます。
コミュニティー活動 安全に楽しく継続したスロージョギングを仲間に提供できます。

資格者規約      ➡ こちらをご覧ください

 

アドバンス資格者紹介       (作業中) 

アドバンス資格者全国配置図